痩せる 薬 市販 3選

痩せる 薬 市販 サムネイル

痩せる薬で市販されているものはありません。

しかし、市販に近い形で入手できる痩せる薬は存在します。

本記事では痩せる薬についてなぜ市販薬がないのか、市販に近い形で入手できる薬とは何かを解説します。

スポンサーリンク

痩せる 薬は市販されていない

痩せる「薬」として市販されてる商品は現在のところありません。

医師の診断や処方が必要ない市販薬は、一般の人が自分の判断で使用しても効果や効き目が安全なものであることが条件です。

「痩せる」というのは身体からするとかなり過激な変化なので、そのような強烈な作用のある薬は市販薬としては認められないのです。

「薬」としては認められませんが、ダイエット効果が期待できる作用があるそれほど強くない成分はサプリメントとして販売されています。

痩せる薬の市販薬は実質的にはダイエットサプリのことを指していると言えます。

スポンサーリンク

痩せる 薬 市販に近い個人輸入

一般的なドラッグストアや薬局では処方箋なしには売られていないものの、痩せる薬は個人輸入という形であれば簡単に入手することが可能です。

現在は個人輸入を代行してくれる業者も多いので、インターネット上から通販感覚で注文することができます。

そのため、国内では市販されていない痩せる薬を他の市販薬と同じような感覚で入手することができるのです。

ただし、個人輸入では偽薬を掴まされたり副作用に対してなんの補償もしてくれないので、何かあっても自分の責任として処理する覚悟が必要です。

以下、個人輸入できる痩せる薬を3つご紹介します。

痩せる 薬 市販に近い|トピロール

痩せる 薬 市販 トピロール

トピロール

トピロールは日本で肥満治療薬として処方されているトピラマート(商品名:トピナ錠)のジェネリックです。

トピラマートはもともとは抗てんかん薬で、副作用に食欲低下体重減少があり、ダイエット薬としても処方されるようになりました。

作用が強く、自分の体質に合わせて飲む量を調整する必要があります。

体質によっては強い眠気が出ることがあります。

スポンサーリンク

痩せる 薬 市販に近い|ゼニカル

痩せる 薬 油 ゼニカル

ゼニカル

ゼニカルは有効成分オルリスタットが配合された肥満治療薬で、摂取した油分の30%を小腸で吸収させずに排出させます。

脂肪吸収阻害系の薬として広く使われており、継続的に飲むことで体重の減少効果があります。

特に油分の多い食事をしている方に効果が高いです。

ゼニカルはオルリファストというジェネリックが販売されており、ともに個人輸入で入手可能です。

ゼニカル、オルリファストともに、脂溶性ビタミンも吸収阻害してしまうので、これらの薬を使用する時は脂溶性ビタミン剤の併用が推奨されています。

痩せる 薬 市販に近い|ザイテン

痩せる 薬 市販 ザイテン

ザイテン

ザイテンは2型糖尿病治療薬のテネリアのジェネリックで、有効成分テネリアグリプチンを含みます。

テネリアグリプチンは上昇した血糖値に見合うだけのインスリンを分泌させ、血糖値を下げて脂肪として蓄積されにくくします。

ダイエット効果としてはそれほど強いものではありませんが、肥満で血糖値が高い人には有効です。

ダイエット外来で処方されることもあります。

おすすめダイエットサプリ|スリムブロッカー

スリムブロッカーは本サイトがイチ押しするカロリーカット系のダイエットサプリです。

4つのブロック素材が糖質や脂質の吸収を強力にブロックします。

▼こんな方にオススメです▼

  • 間食、脂っこいものがやめられない
  • ついつい食べ過ぎてしまう
  • 1日の終わりにはパンパンしてる
  • ベストな体型をキープしたい

スリムブロッカーについて詳しく見る

関連記事

痩せる おかず レシピ
痩せるおかずレシピの中から、簡単に作れて、おいしく、栄養満点の絶品レシピを厳選して6個ご紹介します! メインのおかず、小鉢、常備菜、お酒のおつまみなどいろいろ取り揃えました!
痩せる 食べ物 ランキング
痩せる食べ物のランキングトップ10をまとめました! 食べ物単体の場合もありますし、食べ物のカテゴリーでランキングしているものもあります。 日々の食事でランキングを思い出して頂ければそれだけでもダイエットの効率が上がること間違いなしです!
痩せる 薬 口コミ まとめ
痩せる薬の中で、日本で広く使用されている薬の口コミを集めました。 本記事で紹介する口コミの薬はトピナ錠、サレノックス、ゼニカルです。 信用度の高いサイトから、高評価の口コミと低評価の口コミの両方を紹介しています。
スポンサーリンク